大山の整体なら「こころ整骨院 大山院」へ

足首を捻った(足関節捻挫)

足首を捻った(足関節捻挫)

整骨院の扱う捻挫はいろいろあるのですが、お客様目線で「あっ捻挫した!」という感覚でいらして下さる場合もあります。
そう言う中で、私たちを選択してくださるものは大抵の場合足首の捻挫です。

特に内返し捻挫という、足首を内側に捻じる捻挫が一番多く、前距腓靭帯という靭帯を痛める事が一番多いです。

この捻挫は習慣的に捻りやすくなる場合があり、強く捻ってしまった方は要注意です。

どうして、習慣的にひねる様になるかというと、足の形が変わってしまうからです。

 

どんな足が捻挫しやすいのか

こんな足です。

・力を抜くと足が内側にはいる
・力を抜くと足先を伸ばした様な状態になる
・外くるぶしが健康な足に比べて低くなった
・力が入りづらい

また、骨盤や体全体にも影響が出ますので、しばらく患った方は背骨の矯正・整体をされると良いと思います。
逆に、骨盤や背骨がゆがんでいる場合も捻挫し易くなります。

 

当院での捻挫の施術

患部の状態によって施術が変わりますが、特徴的なのはお客様に合わせたテーピングと整体です。

 

足首の矯正・整体って?

足首がずれたままだと、改善が遅くなったり、後で再発しやすかったり、前方動揺性や前方変位を残しやすいです。
ですので、幹部の状態を見ながら施術をさせてもらう事があります。
矯正には様々なものがありますので、怖くも痛くも無いですよ。

◆アイシング
アイシング

電気療法
電気治療

◆アクティベーターでゼロ刺激
アクティベーターでゼロ刺激

 

包帯で固定

包帯にも種類があり、綿包帯と伸縮包帯(弾性包帯)とでは意味合いが違います。 伸縮包帯はもともと伸びますから、固定力はありません。 ですので、湿布を止めておく意味合いが強いです。 逆に綿包帯は伸びませんので、固定の意味合いがあります。

包帯にも種類があり、綿包帯と伸縮包帯(弾性包帯)とでは意味合いが違います。
伸縮包帯はもともと伸びますから、固定力はありません。
ですので、湿布を止めておく意味合いが強いです。
逆に綿包帯は伸びませんので、固定の意味合いがあります。

 

ホワイトテープで固定(一般的なテーピング)

ホワイトテープで固定(一般的なテーピング)

ホワイトテープとはその名の通り、白いテープです。
この白いテープは応急処置や予防としてよく用いられており、軽くて固定力があります。

 

スパイラルテープ

スパイラルテープを貼ると、痛みが軽くなり動き易く、改善しやすくなります。

 

キネシオテープ

キネシオテープは使い方によって軽い固定力があります。
また、筋肉をサポートする力に優れていますから、筋肉を介した捻挫の施術補助としても使います。

 

副木で固定

ひどい捻挫になるとギプスを始めとする強い固定をします。
当院ではプライトンという取り外し可能でギプスのパーツの様なものを作成する事が多いです。
また、歩きづらい場合や不安や痛みが強い場合は松葉杖をお貸しします。(貸し出し預かり金5000円、松葉杖の返却時にこの5000円はお返しします)

 

特殊電気療法(アキュスコープ)

特殊電気治療(アキュスコープ)

プロスポーツの現場で良く使われる電気療法器です。
中日ドラゴンズや大宮アルディージャ、プロゴルフなどで使用されています。
よく用いられる理由は、効果的だからです。
除痛と早期回復に効果的ですので、早く直さないといけない日と、早く直したい人にはオススメしています。(別料金1回1500円、回数券だとお得)

前距腓靭帯=外くるぶしの斜め下、前側にあります。普通はここはくぼんで(足根洞)いて、普通の状態でも押すと少し痛いです。
この辺に前距腓靭帯があります。

◆前方変位
足全体が前にずれたままになっている人です。
きつい捻挫をした後の人に多いです。

◆前方動揺性
良く捻挫をする人の中には、スネに対して足を引っ張るとグラグラする人がいます。
こう言った足首の事を前方動揺性があるといいます。整骨院で挫傷って言われたけど一体何の事?

 

「こころ整骨院 大山院」 PAGETOP