大山の整体なら「こころ整骨院 大山院」へ

脱臼とは

方が痛い脱臼とは、関節を構成する骨同士の関節面が正しい位置関係を失っている状態の事です。
これではよく意味がわかりませんので、解説します。
関節には関節包という膜がありまして、この膜から飛び出たものを完全脱臼といいます。
この膜の中にいるものを不全脱臼といいます。
どちらも関節の面同士の位置関係が崩れています。
ですので、冒頭で述べた状態になります。

 

 

整骨院での脱臼の整復・施術

施術

整骨院は実は脱臼の施術が得意です。

骨折はレントゲンを取る必要がありますが、脱臼の場合は応急処置として整復してしまいます。

脱臼を整復した途端痛みが消える事も多いですので、そのまま後療法を行います。

整骨院に来院される脱臼の方で、一番多いのは肘内障と呼ばれる肘の脱臼です。

小児に起こるのですが、大抵の場合は簡単に整復出来ますし、その後の経過も良いです。

次に多いのは肩の脱臼と顎の脱臼です。

こちらの脱臼は骨が外れる時に周りの組織を痛めている事もおおく、整復後の施術をしっかりした方がいいです。

ですが、整復するとほとんど痛みが取れる事もおおいです。

ただ、無理やり整復されたり、耐えていた時間が長い場合、その後何ヶ月も痛みが残る事があります。

痛みがあってもなくても、脱臼の整復の後は、今後の再発防止の為にしっかり施術された方が良いと思いますよ。

 

肘内障

肘内障

肘内障とは?

肘内障とは、小児の肘の脱臼のことを指します。
子供の肘の骨が、未発育の為、何か引っ張る力がかかった時に起こります。
代表的なものは、周囲の大人が手を引っ張った際です。

判断の方法

判断の方法として、手を上に上げられないということがあります。

整骨院での肘内障

整骨院では、この肘内障のお客様がちょくちょくいらっしゃいます。
比較的簡単に矯正できる脱臼で、予後も良好です。

 

 

肩鎖関節脱臼

変形

肩鎖関節脱臼とは

肩鎖関節脱臼は比較的多い脱臼の一つです。
施術が遅れた場合や処置が十分でなかった場合の特徴として階段状変形やピアノキーサインがあります。
早めにしっかり施術しましょう。

用語の説明

階段状変形 鎖骨と肩に段差ができあたかも階段のように見える。
ピアノキーサイン 階段状変形になった鎖骨をしたに押すと、ピアノのキーのようにしたに押し込める。が、手を離すとすぐに戻る。

 

 

どうやってなるか

衝撃転倒したり、柔道などにより、肩から突っ込んだ場合に起こります。

肩甲骨と鎖骨、肋骨のあいだにある靭帯を損傷して脱臼します。

 

 

整骨院での施術

IMG_0160 - コピー整骨院は柔道由来のものですから、肩鎖関節脱臼を比較的多く見ます。

包帯やテーピング、クラビクルバンドといった固定具で固定し、頚部や背部の筋肉を調整します。

 

 

整形外科との違い

整形では確実にクラビクルバンド一択です。
テーピングや包帯は手間がかかるため選択されません。

あとは整体療法の要素が入ります。
筋肉の調整や背骨の矯正を行うことで早期改善を目指します。

 

「こころ整骨院 大山院」 PAGETOP